1995年〜蓄積したノウハウと成功事例を基に貴社の業績アップに貢献します。
ホームページ診断検索エンジン対策実績と成功事例制作ワークフロー会社案内お問い合わせ

売上アップ成功事例を含むホームページの制作・運営実績
実践的検索エンジン対策がWEBサイトに活力を!
どの検索エンジンからの訪問が多い?-キーワード検索の重要性-
検索エンジンの何ページ目までチェックする人が多いか?
検索エンジン上位表示に不利なWEBサイト(ホームページ)
検索エンジンに上位表示させる秘訣
事例紹介1〜3

経営のプロが
行なうSEO

お得なコース!

検索エンジン上位表示に不利なWEBサイト(ページ)

次のような場合、検索ロボットが認識してくれないことが多くなります。

  • 全面的にFLASHを使用したページ
  • ページ内にテキストがほとんど存在しない
  • JavaScriptを使用したリンクとなっている
  • フレームを使用したサイト
  • データベースから参照して生成されるページ

このようなページが主となって構成されているWEBサイトにとって、YahooやGoogleのキーワード検索で上位に表示されるようにするには少なくとも部分的リニューアルが必要になります。

METAタグ神話

METAタグで、キーワードやサイトの説明をページ内に記述しておくことが検索エンジンの上位表示に重要であると信じている方が多いようです。
HTMLの本などでは検索エンジンに認識されるためにはMETAタグを使う、と記述されていますから当然のことでしょう。

確かに間違ってはいません、ですが実際の有効性は低いのです。

なぜなら検索ロボットもブラウザを通してWEBページを見る私たちと同じ視点を持っているからです。

特にMETAタグを使って記述したキーワードを認識してくれる検索エンジンはInfoseekぐらいしかありません。

とは言え少しでも上位に表示されるためには、有効性は低いもののMETAタグを使って、キーワードやサイトの内容を記述しておくに越したことはありません。

要はこれで上位表示されると考えないこと、検索エンジン対策としてはかなり不十分といえます。


ホームページ診断検索エンジン対策実績と成功事例制作ワークフロー会社案内お問い合わせ
Copyright(C) Pal Corporation. All Rights Reserved.
パル・コーポレーション トップページへ