「栄養管理を実施しよう!」トップ > ペットと栄養 > 手作り食を作ってみよう

手作り食を作ってみよう

手作りで犬の食事を作ってあげたことはありますか?
犬の健康を考えて手作りで作られる方もいらっしゃるでしょうし、ドックフードを食べてくれないから仕方なく、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
しつけのためには、同じ食事を毎日与えたほうがいいということはわかっていても、記念日や誕生日などは、特別な食事を作ってあげたいという気持ちもあるかも知れませんね。
きちんと犬の栄養管理を行うには、細かい知識が必要となるでしょう。
しかし、犬の手作りの食事には、マニュアルのようなものは特に無いと思います。

★ネギや玉ねぎ、チョコレートなど中毒を起こすものは与えない。
★食塩は食品に含まれているNa程度で十分なので、あまり味付けはしない。
★卵白は栄養の吸収を阻害するので、黄身と一緒に与えるか加熱して与える。
といったような要点は抑える必要がありますが、犬の体格などによって必要な栄養素は異なってきます。

また、犬の食事に関する情報もたくさんあります。
しかし、獣医師だとか、ペット栄養管理士としてきちんとペットの栄養管理について学んだという方の情報ですら、その方によって内容が多少異なっていることがあります。
そのため、人間の場合ほど完璧なマニュアルがないというふうに感じてしまうということもあるでしょう。
毎日、手作りできちんとした食事を作ってあげるという場合ならともかく、今日はお祝いの日だからとか、体調が悪いもしくはドックフードを食べてくれないという場合であれば、必ずしもマニュアルに左右されるのではなく、高たんぱくで低カロリーな鶏ささ身などの食品を中心にその犬の嗜好にあったものを手作り
してあげるほうが良いのではないかとも思います。

犬を含めてペットの栄養状況については、まだまだ研究の途中であるとも思います。
いろいろ調べた上で、あまり堅苦しく考えすぎず、自分の納得のできる範囲で、少の実践していくと良いのではないでしょうか。
愛犬が自分の作ったものを喜んで食べてくれるということは、とても嬉しいことですからね。

この記事のカテゴリーは「ペットと栄養」です。
最近はペットと家族同然に過ごされている方が多くなりましたね。 ペットにも栄養面の管理はとても重要です。栄養のバランスを考えたり、 ペットたちの病気についてもここで勉強してみましょう。
関連記事

ペットに関する資格

ここ最近、もの凄い勢いでペット産業が発展していくと同時に、動物に関する資格も実に様々になりました。ペットを健康的に、長生きさせたいと思うのは、飼い主なら当然のことだと思います。

ペット栄養管理士とは

『ペット栄養管理士』とは、2002年5月に、ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材を育成することと、ペットの健康の向上を図り、もっと動物の愛度に寄与するという目的で設けられました。

ペットの食事について

ペットにはペットにふさわしい、専用の食事を与えることが当たり前となっています。一番手軽にペットの栄養管理ができる食事が“ペットフード”です。

愛犬の食事

ネットや本という媒体だけではなく、日本各地で犬のための食事セミナーなどがたくさん開かれているようです。せっかく家族として迎えた愛犬ですから、健康で長生きをしてもらいたいものです。

手作り食を作ってみよう

手作りで犬の食事を作ってあげたことはありますか?犬を含めてペットの栄養状況については、まだまだ研究の途中であるとも思います。