「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理について > 栄養計算をしてみよう

栄養計算をしてみよう

カロリー制限が必要な病気(糖尿病や肥満症など)に限らず、ダイエットをする場合なども、自分が実際にどれだけのカロリーを一日に摂取しているのか、とても気になりますよね。
最近では、カロリー表示のある食品も多くなってきましたが、自分で調理する場合だと、それぞれの食材にはカロリー表示がありません。
管理栄養士の資格でも持っていれば、栄養価についてもある程度知識があり、調べなくても分かるかもしれませんが、一般の人にはなかなかできる事ではありません。
食品成分表などで調べることもできますが、あの分厚い本の中から、該当する食品を調べだし、計算をするのはかなり骨が折れる作業です。

そんな時に便利なのが『栄養計算ソフト』です。
インターネット上にはフリーの栄養計算ソフトもありますし、成分表などの本に添付されている場合もあります。
フリーのソフトといっても、体重や身長から基礎代謝量の目安を提示してくれるものもありますので、体重の管理をしたいという場合には便利です。
(栄養計算なんてめんどくさいなぁ)・・・と思うかもしれませんが、長生きをして健康で過ごすには、バランスの取れた食事が必要となります。

また、特にダイエットをする場合においては、通常よりも食品の摂取量が減る場合が多いので、より一層バランスの取れた食事を心がけないといけません。
ダイエットには成功したものの、貧血になってしまったとか、肌がボロボロになってしまったという事になっては勿体無いですからね。
自分の食習慣の欠点などを知る事ができますので、是非一度、一日に食べたものを全て計算するというチャレンジをしてみるのも良いかも知れませんね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理について」です。
栄養・・・私たちにとってもとても大切なものです。栄養が不足したり偏ってしまうと、様々な病気の原因となってしまいます。では、栄養管理とはどのようなことなのでしょうか?一度しっかりみつめてみましょう。
関連記事

NSTとは

『NST』とは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、“栄養サポートチーム”のことをさします。NSTは、栄養管理をする医師や患者さんの一番身近にいます。

栄養計算をしてみよう

インターネット上にはフリーの栄養計算ソフトもありますし、成分表などの本に添付されている場合もあります。自分の食習慣の欠点などを知る事ができます。

変化した病院の食事

冷たくて美味しくない・・・入院した時の病院の食事といえば、このようなイメージがあるものです。食事摂取基準や病状など様々な制限がある中で、病院での食事はかなり厳しく栄養管理して作られています。

正しいダイエット方法とは

「適度な運動」と「栄養の管理」・・・これはダイエットの二本柱です。痩せるという事だけを考えると、1日の摂取カロリーが消費カロリーを下回ればよいだけなので、極端な食事制限によって、痩せることも可能です。