「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理について > NSTとは

NSTとは

『NST』とは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、“栄養サポートチーム”のことをさします。
NSTは、栄養管理をする医師や患者さんの一番身近にいます。
そして、その状態を把握している看護師、食事の摂取量や必要量を評価し、調節して提供する管理栄養士、薬の管理をする薬剤師など、各専門のスタッフ達がそれぞれの知識や技術を出し合い、例えば低栄養など栄養管理が必要な患者さんにとって、一番良い方法で栄養支援をするチームのことです。

NSTの役割は・・・・・
★栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
★適切な栄養管理が行われているかどうかををチェックする。
★もっともふさわしい栄養管理法を、指導し提言する。
★栄養管理に伴う合併症の予防・早期発見・治療を行う。
★栄養管理上の疑問点に答える。
★早期発見や社会復帰を助け、生活の質を向上させる。
★新しい知識や技術の、紹介や啓発をする。  
などとなります。

このNST・・・発祥元のアメリカでは既に総合病院の半数以上に設立されております。
日本でも、ここ数年栄養管理の重要性が認識されるようになり、全国の医療施設で次々と立ち上がってきてくるようになりました。
適切な栄養管理が行われていなければ、いくらきちんとした治療がなされていても、回復が遅れてしまいます。

実際に、NSTを設立している施設からは、「回復が早くなり、入院期間が短縮できた。」「感染症の併発が減少した。」などの成果が報告されているようです。
診療報酬の面でも、今後はNST加算の新設が予見されているそうです。
これらは、病院選びの際に1つの基準となってくるかもしれませんね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理について」です。
栄養・・・私たちにとってもとても大切なものです。栄養が不足したり偏ってしまうと、様々な病気の原因となってしまいます。では、栄養管理とはどのようなことなのでしょうか?一度しっかりみつめてみましょう。
関連記事

NSTとは

『NST』とは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、“栄養サポートチーム”のことをさします。NSTは、栄養管理をする医師や患者さんの一番身近にいます。

栄養計算をしてみよう

インターネット上にはフリーの栄養計算ソフトもありますし、成分表などの本に添付されている場合もあります。自分の食習慣の欠点などを知る事ができます。

変化した病院の食事

冷たくて美味しくない・・・入院した時の病院の食事といえば、このようなイメージがあるものです。食事摂取基準や病状など様々な制限がある中で、病院での食事はかなり厳しく栄養管理して作られています。

正しいダイエット方法とは

「適度な運動」と「栄養の管理」・・・これはダイエットの二本柱です。痩せるという事だけを考えると、1日の摂取カロリーが消費カロリーを下回ればよいだけなので、極端な食事制限によって、痩せることも可能です。