「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養・病気・治療の関係 > PEGとは

PEGとは

『PEG』とは、Percutaneous(経皮)・Endoscopic(内視鏡)・Gastrostomy(胃瘻造設術)の頭文字をとった医療専門用語です。
口からの食事が無理な方、飲み込むことができない方などの為に、カテーテルを通して、胃から直接栄養摂取ができるようする手術のことです。

PEGは、鼻から胃へチューブを入れて栄養補給する鼻腔栄養や、24時間連続で高カロリーの点滴を行う中心静脈栄養に比べ、安定した栄養管理が可能だと言われています。
手術は局所麻酔で行い、所要時間は約10分〜15分と短時間で行うことができます。
術後、不要となった場合は穴を塞ぐこともできます。

患者さんの苦痛も少なく、操作もとても簡単なので、在宅でも栄養管理ができ、介護者への負担が少ないというメリットもあります。
また、PEGを使用したからといって、口から食事をとることができないというわけでもありません。
PEGから十分な栄養をとり、飲み込むことが許可されている食べ物のみ、口から摂取するということもできるそうです。

栄養管理面から見ても、PEGに使用される栄養剤は、バランスよく体に必要な栄養素が配合されている流動食なので非常に優れており、患者さんの栄養状態の改善にも効果が大きいようです。
PEGも含め、栄養摂取には様々な方法があります。
患者さん本人や介護をされる方、そして何より専門職の方と何でもよく話し合い、患者さんに合ったた栄養摂取方法を見つける事が大切だと思います。

この記事のカテゴリーは「栄養・病気・治療の関係」です。
良い食事や良い栄養バランスを心がけることによって、病気にならずに健康で過ごすことができます。もし病気になってしまった場合でも、治療の際にも栄養は大きく関わってくるので、常に食生活には気をつけたいものですね。
関連記事

PEGとは

『PEG』とは、口からの食事が無理な方、飲み込むことができない方などの為に、カテーテルを通して、胃から直接栄養摂取ができるようする手術のことです。

メタボリックシンドロームとは

『メタボリックシンドローム』とは、上記のような内臓脂肪型肥満によって、いろいろな病気が引き起こされやすくなった状態をいいます。メタボリックシンドロームは、密接に生活習慣が関係した病気ばかりです。

食品交換表とは

医師が難しい食事療法を指導しやすく、なおかつ患者さんも自身も理解しやすいものをと考えられたのが、「糖尿病食品交換表」です。指示された栄養素の構成の食事の中で、献立を自由に作成できるという利点があります。

生活習慣病を防ぐ

ひと昔前まで、生活習慣病は成人病と言われていました。生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒、休養等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされています。

糖尿病の食事療養

糖尿病の原因は、遺伝的体質を原因とする場合・・・運動不足と過食による肥満、不摂生、精神過労、ストレスなどが重なることが原因だといわれています。

褥瘡の予防

褥瘡(じょくそう)は、介護を困難とする大きな要因となっています。床ずれともいいます。栄養管理によって、まずは基礎体力を向上させて、褥瘡を未然に防いでいきたいものです。