「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理をしてみよう! > ダイエット中の食事

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。
痩せるという事だけを見ると、1日の消費カロリーが摂取カロリーより多くなればよいだけですので、食事制限を極端にすると痩せる事もできます。
ただ、体重を食事制限のみで落としてしまうと、私たちの身体の中にある本能が働き、少ないエネルギー摂取でも身体が適応できるようになってしまいます。

ダイエット中に摂取する1日のカロリーは、基礎代謝を下回らない範囲内で、目標体重×25〜30kcalぐらいが目安となるそうです。
自分の必要と知るカロリーがわかると、改めて栄養管理について考えなくてはなりません。
それは摂取する食事量を減らすということは、体に必要な栄養素の摂取量も減るということだからです。

特にたんぱく質は、筋肉や血液、髪、骨など体を作るもとのなっているものです。
ダイエット中だから野菜しか食べない!などとしてしまうと、たんぱく質も不足してしまいます。
脂分だって、体には必要です。人間の体の中では作り出すことのできない、必須脂肪酸については、食物から摂取しなければなりません。
単品ダイエット(肉断ち・魚断ち等)は、こういう事に関しての配慮がされていないので、身体にとってはよくないダイエット法だと判断されてしまうようです。

ダイエットは一生もの・・・・・だとも言います。
正しい食生活によってせっかく減量をしたのなら、今度はその体重を維持していきたいですよね。
また、食生活が乱れた日々を送っていると、メタボリックシンドローム等を引き起こす可能性がとても高くなります。
ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理をしてみよう!」です。
栄養バランスを気にせず良くない食事をしていると、それは様々な病気の原因となってしまいます。ではどのように気をつければよいのでしょうか?具体的な例も含めて、栄養管理について一緒に考えていきましょう。
関連記事

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

栄養アセスメントとは

『栄養アセスメント』とは、身体計測・臨床検査・生化学検査・食事摂取状況などから得たデータに基に、栄養状態を評価することです。『栄養アセスメント』は、適切な栄養管理をするために必要となります。

栄養管理実施加算とは

特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設。医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。

計算ソフトで栄養管理

実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。