「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理をしてみよう! > 栄養管理実施加算とは

栄養管理実施加算とは

平成18年度の診療報酬改定に合わせて、
「患者側から見て非常にわかりやすく納得できる、しかも入院中の生活の質を高める医療とサービスの実現を目指す内容」として、入院時食事療養費の基本方針が打ち立てられました。
今回の変更に関しては、栄養管理の重要さが認められられるようになったとも考えられます。
特に、特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設、栄養指導料の拡大などは、栄養士自身のの技量がとても重要視される変更点ではないでしょうか。

この新設された『栄養管理実施加算』は・・・・・
1.常勤の管理栄養士が1名以上配置されていること。
2.入院患者ごとに栄養状態の評価を行い、医師や栄養士、その他医療従事者が共同して、栄養管理計画を作成していること。
3.当該栄養管理計画に基づいて、入院患者ごとの栄養管理を行うとともに、その栄養状態を定期的に記録していること。
4.当該栄養管理計画に基づいて、患者の栄養状態を定期的に評価し、必要に応じてはその見直しをしていること。
という条件を満たした場合のみ、1日12点の診療報酬が加算されます。

栄養管理実施加算を取るためには、書類がとても多すぎて、栄養士本来の仕事をも妨げる事になりかねないと心配する声もあるようですが、管理栄養士の技能に対して、初めて保険点数がついたという考え方もできます。
医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。
きちんとした栄養アセスメントに基づいた“栄養ケアプラン”が作れるように、この機会にしっかり努力していきたいものですね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理をしてみよう!」です。
栄養バランスを気にせず良くない食事をしていると、それは様々な病気の原因となってしまいます。ではどのように気をつければよいのでしょうか?具体的な例も含めて、栄養管理について一緒に考えていきましょう。
関連記事

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

栄養アセスメントとは

『栄養アセスメント』とは、身体計測・臨床検査・生化学検査・食事摂取状況などから得たデータに基に、栄養状態を評価することです。『栄養アセスメント』は、適切な栄養管理をするために必要となります。

栄養管理実施加算とは

特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設。医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。

計算ソフトで栄養管理

実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。