「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理をしてみよう! > 計算ソフトで栄養管理

計算ソフトで栄養管理

病気による栄養管理の必要性を迫られたり、ダイエットの為にだとかなど様々な理由はあると思いますが、実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。
もっとも基本的な方法とは・・・目的の食材を食品成分表から探し出し、食べた量を元に計算するというやり方です。
しかし、一般に販売されている食品成分表はとても分厚いので、目的となる食材を探し出すだけでもひと苦労です。
しかも、全ての栄養素について計算したいと思えば、その探し出した一つの項目に対して、十数個の項目を計算しなければなりません。
食べた食材が1種類のみ、なんてことはありませんから、その計算の手間を考えたら、うんざりする人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。
栄養計算ソフトを使えば、使用した食品を選んで分量を入力するだけで、カロリーやミネラル・ビタミンに至るまで、簡単に計算してくれます。
現場で働く栄養士さんたちも、実際に栄養管理を行なう時に「栄養計算ソフト」を用いてる方のほうが多いくらいです。
これを買おうと思えば、専門的分野のソフトですので意外に高価だったりします。

そこで、最近ではフリーのソフトも増えています。
フリーソフトだからといって、それほど機能が劣るということもありません。
ソフトはいろんな種類があるので、その中で自分に合ったものを選び出すことができます。
その上で、使い勝手が悪いとか機能が足りないなどがあれば、有料の栄養計算ソフトを購入するのもよいでしょう。
栄養計算をすると、食品成分表を用いたも時より栄養管理が非常に楽になるので、一度フリーの「栄養計算ソフト」をダウンロードして試してみるのもいいかも知れませんね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理をしてみよう!」です。
栄養バランスを気にせず良くない食事をしていると、それは様々な病気の原因となってしまいます。ではどのように気をつければよいのでしょうか?具体的な例も含めて、栄養管理について一緒に考えていきましょう。
関連記事

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

栄養アセスメントとは

『栄養アセスメント』とは、身体計測・臨床検査・生化学検査・食事摂取状況などから得たデータに基に、栄養状態を評価することです。『栄養アセスメント』は、適切な栄養管理をするために必要となります。

栄養管理実施加算とは

特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設。医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。

計算ソフトで栄養管理

実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。