「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養管理をしてみよう! > 健康運動指導士とは

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。
健康運動指導士の資格を取る為には、「健康・体力づくり事業財団(厚生労働省認定)」実施の3ヶ月間(144時間)の講習を受講し、受講後に行われる認定試験に合格しなければなりません。

<受講資格>は・・・・・
★管理栄養士または保健師の資格所有者。
★4年制の体育系大学、または医学部保健学科の卒業生と卒業見込者。
★看護師、作業療法士、理学療法士または臨床検査技師の資格があり、かつ4年制大学卒業者で1年以上運動指導の経験者。
★栄養士、准看護師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師又は柔道整復師の資格があり、4年制大学卒業者または、資格取得後2年以上運動指導の経験者。
★体育系短期大学または、2年制の体育系専修学校の卒業者で、卒業後2年以上運動指導の経験者。
★4年制大学または、1年制の体育系専修学校の卒業者で、卒業後3年以上運動指導の経験者。
★5年以上運動指導の経験者。
となっております。

生活習慣病の予防では、栄養面を管理することも重要ですが、適切な運動も必要になります。
ではどのような運動をすればいいのか、健康運動指導士は運動プログラムを作成し管理する専門家として、様々な場所で必要とされています。
活躍の場は、スポーツクラブや医療施設、市町村保険センターや保健所などが主になっています。
そして、介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。
プログラムの作成だけはなく、指導をしていく上で体力も必要となる大変な資格ですが、その分とても遣り甲斐のある仕事と言えますね。

この記事のカテゴリーは「栄養管理をしてみよう!」です。
栄養バランスを気にせず良くない食事をしていると、それは様々な病気の原因となってしまいます。ではどのように気をつければよいのでしょうか?具体的な例も含めて、栄養管理について一緒に考えていきましょう。
関連記事

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

栄養アセスメントとは

『栄養アセスメント』とは、身体計測・臨床検査・生化学検査・食事摂取状況などから得たデータに基に、栄養状態を評価することです。『栄養アセスメント』は、適切な栄養管理をするために必要となります。

栄養管理実施加算とは

特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設。医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。

計算ソフトで栄養管理

実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。