栄養管理を実施しよう!トップページ

栄養管理について

NSTとは

『NST』とは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、“栄養サポートチーム”のことをさします。NSTは、栄養管理をする医師や患者さんの一番身近にいます。

栄養計算をしてみよう

インターネット上にはフリーの栄養計算ソフトもありますし、成分表などの本に添付されている場合もあります。自分の食習慣の欠点などを知る事ができます。

変化した病院の食事

冷たくて美味しくない・・・入院した時の病院の食事といえば、このようなイメージがあるものです。食事摂取基準や病状など様々な制限がある中で、病院での食事はかなり厳しく栄養管理して作られています。

正しいダイエット方法とは

「適度な運動」と「栄養の管理」・・・これはダイエットの二本柱です。痩せるという事だけを考えると、1日の摂取カロリーが消費カロリーを下回ればよいだけなので、極端な食事制限によって、痩せることも可能です。

栄養管理をしてみよう!

ダイエット中の食事

ダイエット中は、普段の食生活よりも栄養管理により一層気を遣うものです。ヘルシーかつバランスの取れた食生活を心がけて、健康的な体重管理を続けていきたいものですよね。

栄養アセスメントとは

『栄養アセスメント』とは、身体計測・臨床検査・生化学検査・食事摂取状況などから得たデータに基に、栄養状態を評価することです。『栄養アセスメント』は、適切な栄養管理をするために必要となります。

栄養管理実施加算とは

特別管理加算の廃止に代わる『栄養管理実施加算』の新設。医療チームのメンバーとして管理栄養士が活躍するためには、今までよりさらに高度な知識や技術が必要となってきます。

計算ソフトで栄養管理

実際に栄養計算をする場合、どういう風にしていいのか分からない人が多くいらっしゃると思います。そこで、おススメなのが『栄養計算ソフト』です。

健康運動指導士とは

『健康運動指導士』とは、個人の生活や体力に応じて、効果的で安全なプログラムを作り、指導することを目的とした資格です。介護施設などでも、高齢化社会に向けて需要が高まってきているそうです。

栄養士と管理栄養士

NSTにおける栄養士の役割

最近、どの治療においても適切な栄養管理は基本となり、どんな治療を行っても栄養状態が悪ければ効果を期待することができないという目的で、栄養サポートチーム『NST』を発足させる病院が増えています。

スポーツ栄養士とは

「スポーツ栄養士」という特別な資格は無いのですが、スポーツの現場で栄養のサポートを行う管理栄養士や栄養士のことを、『スポーツ栄養士』と言います。

栄養士になるために

栄養士になろうと思った場合、残念ながら独学で栄養士免許を取得することはできません。高校を卒業した後、国が指定した養成施設で学び・卒業することが必要となります。

栄養士の仕事

栄養士とは食に関する専門家ですから、あらゆる食品に関連する業界で、広範囲な仕事をすることが可能です。給食業務のない現場においても、栄養士や管理栄養士は必要とされています。

学校栄養士とは

『学校栄養士』とは、正式に「学校栄養職員」といいます。学校栄養士としての仕事は、大きく分けると2つになります。1つ目は・・・“献立に関する仕事”です。2つ目は・・・“栄養教育”です。

管理栄養士になるためには

管理栄養士国家試験は、非常に狭き門といわれています。管理栄養士になるために1番確実な方法とは・・・管理栄養士養成施設を卒業した後に国家試験を受験する方法です。

新卒栄養士の就職状況

栄養士としての仕事は限られています。病院や施設などは管理栄養士を求めているケースが多いので、栄養士資格だけしか取得できない学校は不利になるようです。

病院栄養士の仕事

病院勤務の栄養士の主な仕事は、栄養指導業務、食数管理、献立業務、衛生管理などです。実際に患者さんに対し検査の数値や病状に応じて、栄養アセスメントを作成して指導します。

福祉施設における栄養士の仕事

福祉施設を大きく分けると、「社会福祉施設」と「児童福祉施設」です。現在は高齢化社会が急速に進んでいるので、特に今後は社会福祉施設での栄養士の需要が高くなっていくのではないでしょうか。

目的にあった学校選びを

栄養士免許は、栄養士になろうと思ったとしても、残念ながら独学で取得することはできません。高校を卒業後、国が指定している養成施設で勉強をして卒業することが必要になります。

栄養・病気・治療の関係

PEGとは

『PEG』とは、口からの食事が無理な方、飲み込むことができない方などの為に、カテーテルを通して、胃から直接栄養摂取ができるようする手術のことです。

メタボリックシンドロームとは

『メタボリックシンドローム』とは、上記のような内臓脂肪型肥満によって、いろいろな病気が引き起こされやすくなった状態をいいます。メタボリックシンドロームは、密接に生活習慣が関係した病気ばかりです。

食品交換表とは

医師が難しい食事療法を指導しやすく、なおかつ患者さんも自身も理解しやすいものをと考えられたのが、「糖尿病食品交換表」です。指示された栄養素の構成の食事の中で、献立を自由に作成できるという利点があります。

生活習慣病を防ぐ

ひと昔前まで、生活習慣病は成人病と言われていました。生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒、休養等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされています。

糖尿病の食事療養

糖尿病の原因は、遺伝的体質を原因とする場合・・・運動不足と過食による肥満、不摂生、精神過労、ストレスなどが重なることが原因だといわれています。

褥瘡の予防

褥瘡(じょくそう)は、介護を困難とする大きな要因となっています。床ずれともいいます。栄養管理によって、まずは基礎体力を向上させて、褥瘡を未然に防いでいきたいものです。

ペットと栄養

ペットに関する資格

ここ最近、もの凄い勢いでペット産業が発展していくと同時に、動物に関する資格も実に様々になりました。ペットを健康的に、長生きさせたいと思うのは、飼い主なら当然のことだと思います。

ペット栄養管理士とは

『ペット栄養管理士』とは、2002年5月に、ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材を育成することと、ペットの健康の向上を図り、もっと動物の愛度に寄与するという目的で設けられました。

ペットの食事について

ペットにはペットにふさわしい、専用の食事を与えることが当たり前となっています。一番手軽にペットの栄養管理ができる食事が“ペットフード”です。

愛犬の食事

ネットや本という媒体だけではなく、日本各地で犬のための食事セミナーなどがたくさん開かれているようです。せっかく家族として迎えた愛犬ですから、健康で長生きをしてもらいたいものです。

手作り食を作ってみよう

手作りで犬の食事を作ってあげたことはありますか?犬を含めてペットの栄養状況については、まだまだ研究の途中であるとも思います。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ペットと栄養」です。2009年10月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ペットと栄養」です。2009年10月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「栄養管理について」です。2007年09月06日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ペットと栄養」です。2007年09月06日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索