「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養士と管理栄養士 > スポーツ栄養士とは

スポーツ栄養士とは

『スポーツ栄養士』という特別な資格は無いのですが、スポーツの現場で栄養のサポートを行う管理栄養士や栄養士のことを、『スポーツ栄養士』と言います。
多くの一流アスリートは、沢山のサポートスタッフの協力のを受けて日々のトレーニングを行っています。
もちろん栄養面でのサポートも重要で、プロサッカー選手、プロ野球選手、競輪選手など、それぞれ専門のスタッフがついている場合も少なくはありません。

スポーツ栄養士の仕事もいろいろありますが、選手の栄養管理が主な仕事の内容です。
選手の生活スタイルやコンディションを把握した上で、最適な献立を提供したり、選手や指導者にスポーツ栄養の知識を普及したりしています。

一流のアスリートと直接触れ合える仕事ですから憧れる人も少なくないでしょうが、実際にスポーツ栄養士となるのは、とても狭き門のようです。
実際にスポーツの現場でも栄養に関する専門家は必要とされています。
しかし、「スポーツ栄養士」として明確な資格があるわけではないので、実際には本人の資質が問われる部分が大きいのではないでしょうか。

スポーツ栄養士を目指す場合、栄養士の資格しか取得していないのであれば、まず管理栄養士の勉強をして資格を取得し、“何を質問されても大丈夫!”と、自信を持って答えられるように知識を身につける必要があるでしょう。
最近では、スポーツ栄養士を目指す人の為に講習会等も開かれているようです。
そういった場を積極的にどんどん利用し、自身の知識を増やしていくのが、スポーツ栄養士への一番の近道だと思います。

この記事のカテゴリーは「栄養士と管理栄養士」です。
栄養士と言っても、通常の「栄養士」と「管理栄養士」とがあります。それぞれ仕事内容や役割が違うので、資格取得の勉強から始まって、どのような場で活躍していくものなのか、少しみてみましょう。
関連記事

NSTにおける栄養士の役割

最近、どの治療においても適切な栄養管理は基本となり、どんな治療を行っても栄養状態が悪ければ効果を期待することができないという目的で、栄養サポートチーム『NST』を発足させる病院が増えています。

スポーツ栄養士とは

「スポーツ栄養士」という特別な資格は無いのですが、スポーツの現場で栄養のサポートを行う管理栄養士や栄養士のことを、『スポーツ栄養士』と言います。

栄養士になるために

栄養士になろうと思った場合、残念ながら独学で栄養士免許を取得することはできません。高校を卒業した後、国が指定した養成施設で学び・卒業することが必要となります。

栄養士の仕事

栄養士とは食に関する専門家ですから、あらゆる食品に関連する業界で、広範囲な仕事をすることが可能です。給食業務のない現場においても、栄養士や管理栄養士は必要とされています。

学校栄養士とは

『学校栄養士』とは、正式に「学校栄養職員」といいます。学校栄養士としての仕事は、大きく分けると2つになります。1つ目は・・・“献立に関する仕事”です。2つ目は・・・“栄養教育”です。

管理栄養士になるためには

管理栄養士国家試験は、非常に狭き門といわれています。管理栄養士になるために1番確実な方法とは・・・管理栄養士養成施設を卒業した後に国家試験を受験する方法です。

新卒栄養士の就職状況

栄養士としての仕事は限られています。病院や施設などは管理栄養士を求めているケースが多いので、栄養士資格だけしか取得できない学校は不利になるようです。

病院栄養士の仕事

病院勤務の栄養士の主な仕事は、栄養指導業務、食数管理、献立業務、衛生管理などです。実際に患者さんに対し検査の数値や病状に応じて、栄養アセスメントを作成して指導します。

福祉施設における栄養士の仕事

福祉施設を大きく分けると、「社会福祉施設」と「児童福祉施設」です。現在は高齢化社会が急速に進んでいるので、特に今後は社会福祉施設での栄養士の需要が高くなっていくのではないでしょうか。

目的にあった学校選びを

栄養士免許は、栄養士になろうと思ったとしても、残念ながら独学で取得することはできません。高校を卒業後、国が指定している養成施設で勉強をして卒業することが必要になります。