「栄養管理を実施しよう!」トップ > 栄養士と管理栄養士 > NSTにおける栄養士の役割

NSTにおける栄養士の役割

最近、どの治療においても適切な栄養管理は基本となり、どんな治療を行っても栄養状態が悪ければ効果を期待することができないという目的で、栄養サポートチーム『NST』を発足させる病院が増えています。
『NST』の役割は・・・・・
★栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
★的確な栄養管理が行われているかをチェックする。
★もっともふさわしい栄養管理法を指導し提言する。
★栄養管理に伴う合併症の予防・早期発見・治療を行う。
★栄養管理上の疑問点に答える。
★早期発見や社会復帰を助け、生活の質を向上させる。
★新しい知識・技術の、紹介や啓発をする。
などとなります。

その中における管理栄養士の役割分担は・・・・・
★担当病棟のモニタリング・症例のアセスメント。
★栄養評価・喫食状況に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出。
★栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防。
★患者・家族への栄養食事指導・疑問点への回答。
★栄養療法関連食品の情報提供。
となります。

病院によってNSTの対象となる患者さんは違ってくるようですが、いずれにしても、かなり管理栄養士としての能力が問われる仕事内容ではないでしょうか。
栄養士法の改定によって、管理栄養士の指導などの業務を次のように明文化されました。
 「傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導」
 「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」
 「特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等」

管理栄養士として働く上で、医療・保健・福祉サービスの担い手として活動するには、このNSTにおける役割を見ることによって、高度な専門知識や技術を持った資質の高さが必要となってきていることが良くわかりますよね。

この記事のカテゴリーは「栄養士と管理栄養士」です。
栄養士と言っても、通常の「栄養士」と「管理栄養士」とがあります。それぞれ仕事内容や役割が違うので、資格取得の勉強から始まって、どのような場で活躍していくものなのか、少しみてみましょう。
関連記事

NSTにおける栄養士の役割

最近、どの治療においても適切な栄養管理は基本となり、どんな治療を行っても栄養状態が悪ければ効果を期待することができないという目的で、栄養サポートチーム『NST』を発足させる病院が増えています。

スポーツ栄養士とは

「スポーツ栄養士」という特別な資格は無いのですが、スポーツの現場で栄養のサポートを行う管理栄養士や栄養士のことを、『スポーツ栄養士』と言います。

栄養士になるために

栄養士になろうと思った場合、残念ながら独学で栄養士免許を取得することはできません。高校を卒業した後、国が指定した養成施設で学び・卒業することが必要となります。

栄養士の仕事

栄養士とは食に関する専門家ですから、あらゆる食品に関連する業界で、広範囲な仕事をすることが可能です。給食業務のない現場においても、栄養士や管理栄養士は必要とされています。

学校栄養士とは

『学校栄養士』とは、正式に「学校栄養職員」といいます。学校栄養士としての仕事は、大きく分けると2つになります。1つ目は・・・“献立に関する仕事”です。2つ目は・・・“栄養教育”です。

管理栄養士になるためには

管理栄養士国家試験は、非常に狭き門といわれています。管理栄養士になるために1番確実な方法とは・・・管理栄養士養成施設を卒業した後に国家試験を受験する方法です。

新卒栄養士の就職状況

栄養士としての仕事は限られています。病院や施設などは管理栄養士を求めているケースが多いので、栄養士資格だけしか取得できない学校は不利になるようです。

病院栄養士の仕事

病院勤務の栄養士の主な仕事は、栄養指導業務、食数管理、献立業務、衛生管理などです。実際に患者さんに対し検査の数値や病状に応じて、栄養アセスメントを作成して指導します。

福祉施設における栄養士の仕事

福祉施設を大きく分けると、「社会福祉施設」と「児童福祉施設」です。現在は高齢化社会が急速に進んでいるので、特に今後は社会福祉施設での栄養士の需要が高くなっていくのではないでしょうか。

目的にあった学校選びを

栄養士免許は、栄養士になろうと思ったとしても、残念ながら独学で取得することはできません。高校を卒業後、国が指定している養成施設で勉強をして卒業することが必要になります。